【随時更新】沖縄でのサーフィンを満喫するために必要な準備と知識

サーフトリップ沖縄にめんそーれー!!
沖縄でのサーフィンに興味を持っていただきありがとうございます。
ここでは、沖縄へサーフィンしに行くのに必要な準備、本州のサーフィンとは違う沖縄特有の知識を盛り込み、
これを見れば沖縄サーフィンのことがすべてわかるページを目指していきます。

必要な情報をすぐに見つけたい方はお手数ですが、すぐ下「目次」の[表示]をクリックお願いします!

沖縄へサーフィンしに行く際の準備編

沖縄へのサーフトリップは準備段階から始まっています。準備段階で沖縄でのサーフィンの満足度が変わってくると言っても過言ではありません。

沖縄のサーフポイントに近い宿を探す

ホテルもいいですが、どうせなら沖縄の友達の家に住んでいるような体験や、おしゃれな家に滞在してみませんか?
おしゃれな家に滞在したいならairbnbがおすすめ!!こちらからairbnbのクーポンがもらえます。

サーフトリップ沖縄も沖縄南部の有名サーフポイント「スーサイド」近く1日1組限定の宿をairbnbで運営しています。
ひめゆりの塔も徒歩で行けます。
ガイドの玉城も住んでいますのでサーフィン漬けになりたい方におすすめ。
サーフハウス
【ガレージ無料!】沖縄南部糸満市の隠れ家的海近宿。サーフィンなど沖縄の海を満喫したいあなたへ。

→沖縄でサーフィンするならオススメのairbnbの宿(追加予定記事)

飛行機

安く沖縄行きの航空券を買う方法

本州から沖縄にサーフィンしに行くには飛行機かフェリーがありますがほとんどの方は飛行機で来られると思いますのでフェリー情報は割愛させていただきます。あなたの最寄り空港から沖縄那覇空港までの航空券の値段を調べるのにスカイスキャナーというサイトが便利です。

できるだけ安く沖縄への航空券を買いたい方(特に都市部の空港に近い方)はLCC(格安航空)をチェックしてください!!
沖縄へ就航しているLCC(格安航空)は4社です。

  • ジェットスター・・・札幌、中部、成田、関空
  • ピーチ・・・成田、関空、福岡
  • ソラシドエアー・・・中部、神戸、宮崎、鹿児島
  • バニラエアー・・・成田

→沖縄へ就航しているLCC(格安航空)のセール情報を見逃さない方法

サーフボードを預け入れる場合のサイズ規定

サーフトリップでも自分のボードを使いたいサーファーがほとんどだと思いますが、航空会社によって預けられるボードのサイズが違うので要注意です。

  • ANA(全日空)・・・ロングボードまで
  • JAL(日本航空)・・・ロングボードまで
  • JTA(日本トランスオーシャン航空)・・・ロングボードまで
  • スカイマーク・・・ファンボードまで
  • Jetstar(ジェットスター)・・・ショートボードまで
  • Vanilla Air(バニラエアー)・・・ショートボードまで
  • Peach(ピーチ)・・・ショートボードまで
  • ソラシドエアー・・・ロングボードまで

→沖縄に就航している航空会社別のより詳しいボードサイズや別料金について

サーフボードの梱包方法

サーファーにとって命の次に大事なサーフボード、沖縄まで無事に運ぶためにオススメの梱包方法をご紹介。
最近では海外のプロサーファーのボードが飛行機に預け入れた時に真っ二つになって出てきたという事件もSNSで話題になっていましたね。
→サーフボードを沖縄まで無事に運ぶための梱包方法

持ち物

サーフトリップに何を持っていくか重要ですね。何を持って行こうか?、現地で調達するか?迷うところです。
→沖縄にサーフィンしに行くのに持っていきたいグッズまとめ
特に冬は本州と水温に大きな開きがありますので、持参するウェットスーツ選びも迷うところだと思います。
→沖縄の時期別に適したウェットスーツをご紹介

沖縄サーフィン現地編

沖縄のサーフガイドを探す

沖縄に限らずですが、サーフトリップに行かれる際は現地のガイドを使われることをオススメします。
もちろん、おすすめはサーフトリップ沖縄!!
初心者、未経験者向けサーフィンスクール
経験者向けのサーフポイントガイド

→失敗しないサーフガイドの選び方(追加予定記事)
沖縄でサーフガイドを使ったほうが良い理由

沖縄のサーフポイント

沖縄は360度海に囲まれているため、サーフポイント自体は無数にあると言えますが、シークレットのような場所も多いためネットで得られる情報は少ないです。有名ポイント以外にも行ってみたい場合は現地のサーファーやガイドに連れて行ってもらうしかないでしょう。
→沖縄の有名サーフスポット5選
→沖縄から行ける離島(宮古島、石垣島)のサーフポイント

沖縄のサーフショップ

沖縄でボードをレンタルしたい時、ワックスやフィンなどの小物を現地調達したい時は最寄りのサーフショップに問い合わせてみましょう。
→沖縄の地域別サーフショップまとめ

沖縄サーフィンの知識

ここでは、本州とは違う沖縄サーフィンならではの特徴などをご紹介します。

満潮時間に要注意

沖縄でサーフィンするにあたってもっとも重要で知っておかないといけないのが満潮時間です。
沖縄はほとんどの場所でリーフブレイクのためある程度水深のある満潮時前後の2時間(計4時間)のみがサーフィンできる時間になります。
サーフトリップの予定を立てる際は必ず事前に沖縄でサーフィンできる時間を確認しておきましょう。
沖縄の満潮時間の確認をする。

また潮回りも重要です。大潮の時は朝夕2回サーフィンできることを覚えておきましょう。沖縄でサーフィン漬けのサーフトリップがしたければ大潮がオススメです。
→沖縄でサーフィンするなら満潮時刻と潮回りは要チェック

本州では少ないリーフブレイク

日本でリーフブレイクでのサーフィンを体験できることも沖縄の大きな特徴の一つです。
→沖縄サーフィンでのリーフブレイクの特徴と対策

沖縄サーフィン番外編

→沖縄でサーフィンするなら冬がオススメの理由
→梅雨時期の沖縄サーフィン事情
→沖縄サーフィンのサメ対策

→暗黙すぎるサーフィン界のルール、マナー
→サーファーのための保険

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。