日本のプロサーファー人口、なり方、収入について

ハイサイ!
サーフトリップ沖縄です。

今回は、一般的にはあまり知られていない “日本でプロサーファーになる方法” をご紹介致します。
「プロサーファーってどうやったらなれるの?」
「収入はどのくらいなの?」

といったような『プロサーファー』に関する素朴な疑問にお答えしながら、
“日本でプロサーファーになるためのステップ” をご紹介します。

日本のプロサーファー人口

2015年の調べによると日本のサーファー人口は100万人を超えています。これは柔道や剣道、テニスなど他の競技人口の統計と同等な数で、さらに年に1回2回だけサーフィンをするような人を含めると200万人とも推測されています。
一般的に、その中でJPSA(日本プロサーファー連盟)に登録されている者で、日本各地で開催される大会において一定の成績を上げプロ認定を受けた者(資格取得者)がプロと呼ばれています。

2017年4月現在JPSAに登録されている公認プロサーファー
ショートボード:男子155名 女子63名
ロングボード:男子131名 女子36名

日本における「プロサーファー」の位置づけ

日本には、大きな組織が二つ存在します。
一つは国内中心のJPSA(一般財団法人  日本プロサーフィン連盟-JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION- )。もう一つは、ASP JAPAN(世界組織の日本支社)です。
各サーファーは大会に参戦し、その結果によりポイントが加算されて、総合ランキングが打ち出されます。現在、ASP JAPANのランキングでは日本人一位(最高位)は大野修聖で、ワールドランキングは123位です。
国内中心のJPSAにおいては日本内のランキングは出しておらず、毎年、男女グランドチャンピオンの表彰を行っています。

 

現在、日本では、このJPSA(日本プロサーフィン連盟)のプロテストにより公認資格を持っている者が「プロサーファー」ということになっていますが、これはあくまでも資格なのでプロ野球やサッカー等のように、チームと契約した段階からプロとみなされる競技とは形式が異なります。
サーフィンはエントリー費を払って賞金を貰う大会に出場をするシステムであることから、JPSAではギャンブルとの区別を図るために、大会に出場する為にはこの資格を有することを条件としています。サーファーは、この公認資格を獲得し「プロ」として位置づけられ、色々な大会に参戦しポイントを獲得していくことになります。
資格取得後は、更新を続ければ大会には参戦していなくても「プロ」であることに変わりはなく、第一線で活動していなくても、サーフィンの魅力を伝授し続けているプロのサーファーは存在しますね。
JPSAに登録し日本国内を中心に活動する選手や、ASPで海外を中心に大会を転戦する者、両方の団体に登録して活動している選手、登録はして大会には出ていないサーファー、ランキングに拘らず海外で転戦している者、と個々のスタイルは様々です。
海外においては、このJPSAのようなプロサーファー公認制度やプロテスト(資格)というものが存在しません。大会に出て表彰台に上がることができればプロと呼ばれる。プロかどうかは資格ではなく世間が決めることなのです。しかし、JPSA優勝者であったとしても、海外で認められ「プロ」と呼ばれるサーファーはほんの一握りしかいないという厳しい世界です。

プロサーファーになるためのプロテストについて

まずJPSAのプロトライアルに出場するにはアマチュア登録が必要です。
~ショートボードを例に見てみましょう~
出場したい大会の一ヶ月前までに登録手続きを取り、登録費用(男女共に31,000円)を支払い登録します。
(JPSA登録書 http://www.jpsa.com/entry.html

プロ公認(プロテスト)
◆プロテスト予選グラウンドを勝ち上がった、上位者がプロ本戦に出場できます。さらにプロ本戦の規定ラウンドまで勝ち上がった者は合格となります。
◆ベスト2ウェイブの得点が12ポイント以上スコアした選手は合格となります。
◆年間総合ポイントランキング上位男子5名、女子2名は、翌年のツアー全戦にプロ本戦R1から出場できるAMシードを得られます。同年最終プロツアーランキング男子32位以内、女子16位以内はプロ合格となります。
※合格となった選手は薬物検査を含む所定の手続き完了後、公認プロとして認定されます。

ボードの動きや技術、波の難易度、選択、スピード、コントロール、パワー等を総合して採点されます。 合格率はわずか2%と難関と言われる司法試験の5%よりも低い確率となっています。日本国籍を有している者であれば受けることができ、年齢制限はありません。
(JPSAプロトライアル http://www.jpsa.com/

プロサーファーの収入

サーフィンに限らずゴルフ等もそうですが、プロスポーツの収入は「給料」ではなく「賞金」です。プロサーファーとしての主な収入は大会で獲得する「賞金」とスポンサーとの「契約料」です。(契約料はお金より物資支給の場合が多い)
JPSAで優勝した場合の賞金は約80万円~150万円。
2012年度の賞金ランキング上位者の賞金総額は約189万円~283万円。
プロサーファーの収入(賞金やスポンサー料等のプロサーファーとしての仕事のみを計算)を給料に換算してみると、20代~40代のプロサーファーの平均給料は約12万円。平均年収は約100万円~200万円ということになります。ほとんどのプロサーファーはサーフィンショップを経営したり、ショップで働きながらサーフィンを続けています。
海外の有名な選手ではCM出演やスポンサー契約で年間一億円以上稼ぐ選手もいます。ミック・ファニングは年間約2億5千万円、ケリー・スレーターは約3億円です。女性プロサーファーのステファニー・ギルモアは1億6千万円。そしてフリーサーファーのディーン・レイノルズはスポンサー料だけで年間3億円以上の収入があると言われています。

日本でプロサーファーになる為のステップ

プロじゃなくてもサーフィンはできますが、プロ認定がないとエントリーできない大会もあります。
日本でプロサーファーになる道はいくつかありますが一般的な例をあげてみます。
最もシンプルな方法は上記のプロテストの項でもあったように
◆JPSAに登録エントリー ➜ プロトライアルに出場する ➜ プロ認定獲得
※トライアルで勝ち上がるには実力が必要です。

◆スクールに通ったりNSAサーフィン検定で自分の今の実力を把握し必要な技術を学ぶ
➜ JPSAプロトライアル出場 ➜ プロ認定獲得
(NSAサーフィン検定 http://www.nsa-surf.org/

◆ライダー等をしながら腕を磨く ➜ プロトライアルに出場 ➜ プロ認定獲得
ライダーとは=テストライダーのことで、良いボードを作る為に必要なテストライドを行うサーファーのことです。大抵の場合、サーフショップなどで働きながらプロを目指しているサーファー等です。

JPSAプロトライアルでプロ認定を受けることは非常に狭き門であることから、週に2、3回サーフィンするだけでは勝ち上がることはできません。2013年には約50人のサーファーがトライアルに参戦し、公認プロとなったのはたったの一人でした。
・サーフィン環境に恵まれ子供のころからサーフィンをしていて15歳でプロになった人
・大人になって始めて年に数回のサーフィンを何年も続けているサーファー
・高校生で始めたが、とにかくサーフィンが好きで毎日波乗りし、たったの5年でプロになった人
これらの例から見ても、プロになった人はサーフィンの回数が人並以上ということです。サーフィン上達の一番の近道は「波乗りの回数」をこなす事が基本です。その為にはサーフィンへの情熱が必要なのでしょう。

“ お金より生き甲斐 ”の現状

プロというと華やかな印象を持ちますが、日本のプロサーファーの現状は、裕福で豪華な生活というものとはかけ離れています。多くの場合、コツコツ働きながら好きなサーフィンをし、腕を磨いて大会に参戦して賞金を狙うといったイメージでしょうか。プロになっても、すぐに賞金が貰えるわけではなく、お金を稼ぐ為には大会に出て上位を獲る必要があります。毎回、優勝することができれば賞金だけでも生活はできますが、それでもサラリーマンの年収を下回る場合もあります。国内トップのプロサーファーで年間獲得賞金は約300万円。サーフィンの場合「お金の為にプロになる」という訳ではなさそうです。日本でプロサーファーとして活躍している強豪者たちは、純粋にサーフィン愛が強かった人たちと言えるでしょう。
実力者の中にはJPSAのプロにこだわることなくASP(世界)の大会に挑んでいる選手もいます。

最後に

いかがでしたでしょうか?
日本のプロサーファー人口、システム、収入、なり方などについてみてきました。
「プロ」という文字が付いておりますが、他のスポーツと比べて決して華々しいものではないことがわかりました。

2020年に開催される東京オリンピックの追加種目に正式に決定し、日本サーフィン界も盛り上がりをみせていますが、プロサーファーの収入が上がっていかないとプロサーファーを目指す子供の数も増えず本当に盛り上がっているとは言えないでしょう。

 

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。