サーフィンするなら知っておきたいサーファーにおすすめの保険まとめ

はいさ~い!
沖縄へのサーフトリップを計画中の皆様調子はいかがでしょうか?

ところで皆さん、「サーフィン中の事故をカバーできる保険には加入していますか?」

今回紹介いたします内容は「サーファーの皆様に是非知っていただきたいお勧めの保険」についてです。
サーフィン中、万が一ケガをした時、またケガをさせてしまった時の備えとして保険についての情報を仕入れておくことも大切になってくるかと思います。

NSAサーフィン賠償責任保険

「nsa 保険」の画像検索結果

NSA(日本サーフィン連盟)の「オープン会員」になった場合に自動的に加入することになる保険です。波情報無料配信サービスや級別の大会出場資格も得られるなど様々な特典付きの保険となっているためサーファーであるならば知っておきたい保険です。年会費3500円と会費は比較的手頃なのですが、自分がケガ、入院をした場合の補償はなく賠償責任の被保険者範囲も「本人のみ」となっています。ちなみにこの「賠償責任の被保険者範囲」とは、ケガをさせてしまった相手方のどのくらいの関係の範囲まで補償がきくかといったことを意味していて保険を提供する会社によってその範囲は様々となっています。またケガをさせてしまった相手に対する賠償責任補償は1件の事故に対して3000万円までで1件の事故に対する自己負担額は3万円となっています。さらにサーファーが波にさらわれた時などの捜索にかかる救援者費用等の補償はなく、示談交渉代行のサービスもなしとなっています。

あうて「ケガの保険・日常の事故」(au損保)

「au損保」の画像検索結果

保険料が年4300円、月額にすると390円から入れ、ブロンズ、シルバー、ゴールドと3段階でのサービスが受けられるのが特徴でまたどの段階のサービスでも示談代行サービスがあることが他の保険と違っている点かと思います。賠償責任補償はブロンズ、シルバー、ゴールドともそれぞれ最大1億円となっていて、賠償責任の被保険者範囲は本人、夫婦、同居家族にまで及びます。またシルバー、ゴールドのコースだと救援者費用等の補償も最大100万円まで保証する内容となっています。

傷害総合保険レジャー・スポーツプラン(富士火災保険)

「富士火災保険」の画像検索結果

こちらはエコノミータイプの年会費が4390円の保険で自分のケガや入院の際にも死亡・後遺障害時で200万円、入院の場合は1日当たり3000円が補償されており、さらに賠償責任の被保険者範囲も本人・夫婦・同居家族にまで及びまたこちらの賠償責任補償は1件の事故に対して1億円までの内容で救援者費用等の補償も特約として存在しています。

Yahoo!プレミアム会員専用ちょこっと保険の海大好きプラン(三井住友海上保険)

「Yahoo!プレミアム会員専用ちょこっと保険の海大好きプラン」の画像検索結果

スモール、ミディアム、ラージの3タイプの内容が選べ、補償の範囲もそれぞれ本人、夫婦、家族の3パターンあります。保険料は月額350円からとなっていて個人賠償責任保険は事故1件につき最大1億円までとなっています。自分のケガなどに対する補償はスモールプランでは補償されていないもののミディアム、ラージではそれぞれ最大100万円と200万円が補償される内容になっています。また入院した際に支払われる保険金は3つのプランでそれぞれ、1000円、2000円、3000円となっています。救援者費用等の補償も3プランでそれぞれ100万円、300万円、500万円です。

自動車保険おりても特約(ソニー損保)

「ソニー損保」の画像検索結果

車でレジャーに出かけた際のケガや事故を補償する内容の保険で*本人型*、*夫婦型*、*家族型*の3パターンでの補償があります。保険料は本人型で年5250円、夫婦型で年6880円で賠償責任補償は事故1件につき1億円までとなっています。また自分のケガ、入院に対する補償は死亡した場合で1名につき最大500万円、後遺障害が生じた場合で1名につき20万円から500万円までの補償、入院した場合で1名につき日額5000円の補償となっています。救援者費用等の補償はないようですが、身の回りの品の損害に対する補償も最大10万円まで補償するようです。

青年アクティブライフ総合保険(AIU保険)

「aiu保険」の画像検索結果

月額2470円~と保険料が他の保険よりも高額となっていますが、ケガの補償などに加え、携行品の損害や事故によって生じたキャンセル料の補償などに至るまで手厚い補償が受けられるのが特徴といえます。賠償責任補償は事故1件につき最大で3000万円までとなっており、賠償責任の被保険者の範囲は本人、夫婦、同居家族までとなっています。自分がケガをして入院した場合の補償も日額4000円の補償があり、死亡、後遺障害に至った場合の補償は最大1000万円までとなっています。救援者費用等の補償も200万円まで最大で補償するようです。

最後に

いかがでしたでしょうか?
いくつかの保険サービスを紹介させていただきました。
サーフィンに限らずスポーツに怪我はつきものですので何かしらの保険に加入されることをおすすめいたします。

今回紹介した保険の内容は細かく設定された保険プラン等についてまとめたものでより詳しい補償内容などについては割愛させていただいておりますので細かい情報が気になる方は直接保険会社のサイトより調査していただくことをお勧めいたします。

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。