沖縄や離島でのサーフトリップでガイドをつけるべき理由

はいさ~い、サーフトリップを計画しているサーファーの皆様調子はいかがでしょうか?

今回紹介いたしますのは沖縄や離島でサーフトリップをする際なぜガイドを付けたほうが良いのかということに対するアンサー的な内容です。慣れない場所で充実した有意義な時間を過ごすために必要なことは何か考えてみましたので一つ参考にしていただけたら幸いです。

沖縄サーフィンでサーフガイドをつけるべき理由

ネットで得られる情報が全てではないから

ガイドブックやインターネットからだとある程度の情報は得られても「ローカル(地元民)」しか知らないような、コアな情報までを網羅することは難しいです。特に離島でのサーフィンを考えている場合、本島のサーフィン情報よりもネットなどで得られる情報量が格段に減るため、ガイドなしでのサーフィンは無謀とも思えます。サーフトリップの目的はサーフィンをすることに加えて旅を楽しむことであると考えるならば、サーフィンの情報に加えて食やショッピングなどサーフィン以外の地元の情報も直接得ることができるガイドを利用することが得策だと言えるでしょう。

本州とは勝手が違う気をつけるべきことがいくつかあるから

沖縄のサーフポイントはほとんどがリーフブレイクのため満潮前後の2時間ずつほどしかサーフィンができません。ですので、満潮前後の計4時間を外すことなく、波があるポイントを間違いなく選ぶ能力、知識が必要です。またこのような地元の情報をよく知るガイドと行動を共にしなかった場合せっかくサーフトリップに沖縄に来たとしてもノーサーフに終わってしまう場合も考えられます。ガイドを付けていればガイドの方が自分の技術レベルに合ったポイントを教えてくれたり独特の地形に対処する方法を教えてくれたりして自分で情報を集める手間も省けます。

地元の人と知り合えるから

ガイドが提供してくれる情報の中には地元のサーフショップやカフェなど海関連のビジネスで何かしらつながりのある人と触れ合うきっかけになるものも多いと思います。そのような情報はネットやガイドブックでは得づらいものでまたそのような体験を通してビジターとローカルの共存意識が生まれるのではないかと思います。

よい写真や動画を撮ってもらえるから

サーフトリップ沖縄のようにドローンを使って自分がサーフィンをしている様子を動画撮影してくれるガイドも増えてきています。動画ではなくてもほとんどのガイドが写真を撮ってくれます。それを見ることによって、普通にサーフィンをしているときにはなかなか気づきにくい自分の姿や沖縄のきれいな風景を発見したり、サーフポイントの特徴をより深く知ることができたりします。なにより思い出として残せることが大きいでしょう。

最後に

今回紹介した内容でお分かりいただけたかと思いますが、沖縄でサーフィンをしようと考えた場合国内の他の地域でサーフィンをする場合と少し事情が異なります。例えば沖縄ではどのポイントに行ってもリーフブレイクが主流であったり、また台風が良く通過する土地柄故、台風時のサーフィンの仕方にも特色があったりします。このように独特なサーフィン環境のためビジターが我流で波乗りをしようとすれば思わぬ失敗やロスなどが起こってしまうことがあります。またローカルルールが独特だったり、ネットやガイドブックには載っていないポイントも多くガイドなしで情報を得ようとするのは困難だったりします。特に情報の少ない離島などではガイドなしでサーフトリップをすることは無謀ともいえます。無駄な時間ロスを減らし楽しく安全に沖縄でのサーフィンを満喫したいと考えるならば是非ガイドを利用していただくことをおすすめします。

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。