沖縄から近い離島でサーフィン!離島サーフポイント情報〜宮古島、石垣島〜

サーファーの皆様、こんにちは!

今回ご紹介するのは、沖縄本島からいける沖縄の離島にあるサーフポイントについてです。沖縄の離島の海は沖縄本島の海ともまた一味も二味も違った魅力が満載ですので沖縄に訪れた際には是非沖縄の離島にまで足を伸ばしてサーフトリップを満喫してほしいものです。
今回は宮古島と石垣島に焦点を当ててみました。
では早速おススメスポットを紹介していきたいと思います。

宮古島にあるサーフポイント

沖縄本島から宮古島へのアクセス

那覇空港から宮古島への便は1日に13便就航していて、航空運賃は片道7000円~12000円前後となっています。
また、那覇空港から宮古空港までの所要時間は50分ほどになります。

シギラ

空港からはやや離れてはいますが、宮古では有名なリゾートエリアの*シギラリゾート*のすぐそばにあるサーフスポットです。沖合に出るとリーフに囲まれたポイントが存在していて上級者向けの波が立っています。基本的に南、西うねりの波をキャッチ、グーフィーの波がほとんどのためレギュラーを期待すると思わぬ苦戦をしいられてしまう可能性があります。

吉野海岸

宮古島の東海岸に位置するサーフスポットでこちらもリーフに囲まれたポイントになっています。ポイントまでは200m程で、変化の激しい波故サーフィン初心者にとっては難しいトライになるかと思います。波は北うねりをキャッチ、また波が高いのも特徴で最近では景色の良さゆえにシュノーケルスポットとしても人気の場所になっています。どちらかというと上級者向けの波質といえます。

与那覇前浜ビーチ

宮古島の南西に位置する白い砂浜が7kmも続くとても美しいポイントです。普段は比較的穏やかな波なのでビッグウェーブは期待できませんが台風時にはパワフルなスウェルとなります。サーフィン以外のマリンスポーツを楽しんでいる人も多くいる人気のスポットといえます。

保良泉(ボラガー)ビーチ

サンゴ礁や岩場が多く変化にとんだ地形のスポットと言えます。沖までは結構遠いですが波の起伏が激しくサーフィン向けの波に出会えることもしばしばです。南うねりをキャッチするポイントでサーファーも比較的少なくうまくいけば貸し切り状態でサーフィンできることもあるかもしれません。

砂山ビーチ

島内で最も有名なビーチの一つで白い砂浜が美しいポイントです。リーフが多く潮の流れは速いので上級者向けのサーフスポットと言えるかと思います。西うねりを拾い、沖縄では珍しいビーチブレイクの波です。注意点としてはローカルがいないときには入水しない方がいいということが言えます。

石垣島にあるサーフポイント

沖縄本島から石垣島へのアクセス

沖縄本島の那覇空港から石垣島への便は30分から1時間おきに1日18便就航していて、所要時間は約1時間程となっています。運賃は片道10000円前後で渡航可能です。

山原ポイント

満潮時以外は非常に危険なポイントですので注意が必要です。9月ごろから5月ごろまでがシーズンとなっていて南風を受けたときに波の質が良くなります。米原ビーチというビーチの近くにあり、カフェ・ヌーボーの隣の駐車場からポイントを確認できます。

マエサトビーチ

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート前の沖合500mのところにあるサーフポイントで*ローカル*から情報を得ないとネットやガイドブックではなかなか情報を得られないポイントです。15~20分ほどパドルしてようやくブレイクポイントへとたどり着きます。風は強めのオンショア、北西の風が吹くとよい波に出会えます。ホテルを真正面に右側と左側で波の質が変わるのが特徴と言えます。右側で波待ちをし、左側のアウトから乗るのをお勧めします。注意事項として水深が浅いので真下にドルフィンスルーするのではなく浅く潜らないと危険です。

ヤラブポイント

石垣島の北西、崎枝半島に位置するポイントで北東の風から東風に変わるときが良い波に出会えるチャンスです。9月から4月頃までがシーズンで場所は少々分かりにくいのですが満潮時に行くとサーファーたちの車が止まっているのでそれを目印にするとよいかと思います。

大崎ポイント

ヤラブポイントから近いポイントで北東の強い風が吹くと波のサイズがスケールアップしてきます。波のサイズが胸から肩くらいになると渦巻く波が発生します。波の立つ条件はヤラブポイントとほぼ一緒なのでヤラブポイントが混雑しているときなどに訪れると良いかと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか?
宮古島と石垣島にあるサーフスポットについて紹介してみました。離島のサーフポイントの情報は沖縄本当に比べても行く人がまだまだ少ないこともあり、まだまだ一般的に広まってないということがあります。しかし、ここでご紹介した通り素敵なポイントが多数ありますので時間的に、経済的に余裕のあるサーファーは沖縄本当から一足伸ばして宮古、石垣でもサーフィンをお楽しみください。現地でもサーフガイドをつけられるとより楽しいサーフトリップになるでしょう!

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。