初心者必見!サーフィンを始めるときの最低限のルール、マナー

サーファーの皆様こんにちは!
今日も波乗りを楽しんでいらっしゃるでしょうか?

今回紹介いたしますのは、サーフィンを始めたばかりの人は必ず知っておいて欲しい超初歩的な、暗黙のサーフィン界のルール、マナーです。
サーフィンの場合、他のスポーツと違いルールブックといったものがあるわけではなく、暗黙に習慣的に決まっているルール、マナーがほとんどですので、これからサーフィンを始める方はサーフショップの店員や友達のサーファーにあれこれ教えてもらう必要があります。

サーフィン界でおおよそ世界的に通用するルールとローカルルールといってローカルの仲間内で決めているようなルールがあることも厄介なところです。

今回の記事では、世界的に通用する最低限知っておかなければいけないルール、マナーに絞ってご紹介させていただきます。

海の中での基本的なルールとマナー

ワンマンワンウェーブの原則

これは一つの波に一人しか乗ってはいけないというサーフィンでの事故防止のために考えられたルールです。

前乗り(ドロップイン)の禁止

既に波に乗っている人がいるにもかかわらず、その人の進行方向にポジションをとり波に乗ろうとする行為を「前乗り(ドロップイン)」といって禁止されています。先に波に乗っている人がたとえテイクオフ(ボードの上に立ち上がって波に乗り始める瞬間のこと)前だったからといっても許される行為ではないので注意しましょう。

ピーク優先

ピークとは波が最初に崩れ始めるポイントのことで、そのポイントの最も近くにいるサーファーに波乗りの優先権があるということです。

スネーキング行為の禁止

スネーキング行為とは蛇のようにくねくねとパドリングしながらくっついて回ることでライディングしようとしている人の邪魔になってしまう行為のことを言います。また、たとえゲッティングアウト(ボードを漕いで沖に出ること)時であったとしてもスネーキング行為は相手の進路妨害になるので絶対にやめましょう。

ライディングラインからのゲットアウト禁止

波に乗っているひとの進行方向、またその延長線上でパドリングをして沖に出る行為をしてはいけないということです。またゲットアウト(パドリングで沖に出ること)している最中に別のサーファーが波に乗ってきた場合は乗ってきたサーファーの進行方向と逆方向にパドリングをするかダイブ(波の下にもぐってくる波をかわす方法、ドルフィンスルーともいう)し、衝突回避に努めましょう。

大人数グループでの入水は避けましょう

何人までという決まりはないものの、サーフポイントのキャパを超えた人数で押しかけて入水することは避けましょう。入水前にポイントの様子を見たり周りの詳しそうな人に聞いて判断してください。事前にそのポイントの情報を仕入れ何人まで波乗りができるのかを把握しておくことが大切です。

自分のレベルを把握したサーフィンをする

自分のサーフィンの技術のレベルを把握し、無謀な波乗りを行わないことも大切なルール、マナーといえます。サーフポイントにはそれぞれレベルがあり、明らかにレベル差があるサーファーが入っていると他のサーファーの迷惑になることに加えて、怪我の恐れもあります。

陸上での基本的なルールとマナー

あいさつをする

これは海の中でも同じですが、あいさつは知らない人にも積極的にしましょう。あなたがそのポイントに慣れてないことがわかると親切に教えてくれるサーファーも多いはずです。

所定の場所に駐車する

ポイントによっては駐車場のないところも存在します。民家の邪魔にならないところに駐車しましょう。
初めてのポイントに行く場合は事前に駐車位置を把握しておくことも重要です。

ポイ捨てをしない

ビーチや周辺にゴミ捨てをすることなどももってのほかの行為です。逆に落ちているごみを持ち帰ってサーフポイントの美化に協力するよう心掛けたいものです。

最後に

サーフィンは個人スポーツでありますが、同じ海、波を共有するサーファーをリスペクトすることが安全にサーフィンを楽しむ秘訣だと思います。
最低限のルールは押さえた上で、どんどん新しいサーフポイントに足を伸ばしていきましょう。

新しいポイントに入るときは誰しも少しは緊張するものですが、あなたが感じよくしていればいろいろ教えてくれたりする人はいるはずです。

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。