【随時追加更新】国内人気サーフトリップ地とサーフポイントまとめ!(沖縄以外)

日本

【随時追加更新します】
国内サーフトリップ地をまとめました!!(沖縄以外)

↓沖縄のサーフスポットを知りたい方はこちらをご覧ください↓

沖縄の超有名サーフポイント5選!!知っておきたい波の特徴、アクセス

2017.03.28

海外へのサーフトリップも楽しいですが、もちろん日本国内にも素晴らしいサーフポイントは多く存在します。

奄美大島のサーフポイント

奄美大島 崎原海岸
奄美大島 崎原海岸 / Nao Iizuka

手広(てびろ)

1年中コンスタントに波があるので初心者にもオススメ。他の海岸でサーフィンができない場合でも、ここではできる場合が多い場所です。ボトムはリーフで、ポイントブレイク。サイズが小さくても、コンパクトでパワーのある波が割れます。波がいいときにはローカルが集結するので、ビジターはピークを避けた方が無難です。

蒲生(がもう)

蒲生は100mほど沖のアウターリーフでブレイクをするレギュラーです。ダブルくらいでもテイクオフが楽なので50mはあるショルダーに思い通りの技をかけることができます。シーズンは9月~11月で中級者から上級者向けです。

鳩浜(はとはま)

鳩浜は、頭までなら初心者でもサーフィングが可能です。それ以上になるとカレントが発生して、ゲッティングがハードな上級者エリアになります。ライト、レフトともにライドが可能です。

ブルーエンジェル

手広の潮が引いてしまうと、ここにサーファーたちが移動してきます。パワフルなビーチブレイクで、レギュラーよりはグーフィーの方が距離が長くなります。岩場に向かう流れに注意してください。

宮崎のサーフポイント

IMG_0436
IMG_0436 / ktsugita

宮崎はサーフィンをするには最適な環境です。毎年たくさんの方がサーフトリップで宮崎に滞在します。
冬でも水温は比較的温かいのが特徴です。
宮崎の海岸線は太平洋に面しているため、低気圧のうねりを敏感にキャッチし、小さな低気圧でも、予想以上に波が上がることがあります。宮崎では毎年、サーファーの遭難者が出ていますので充分に注意してください。

伊勢ヶ浜

伊勢ヶ浜は左右の小さな岬に囲まれた景色の良いサーフポイントで2つの山に囲まれたきれいな砂浜が続く海岸です。設備が整っていて、サーフィンやボディーボードをする人たちで、1年中にぎわっています。

お倉ヶ浜

伊勢ヶ浜から金ヶ浜に続く、約4kmの長くて広い砂浜が特徴です。南の方では、海水浴もできます。
とにかく広さが魅力。自由にポイントを選ぶことができます。

金ヶ浜

高い波が特徴で、全国からサーファーが集まってくる場所です。金ヶ浜海岸は国道10号線沿いにあるので、車を降りるとすぐにサーフィンをすることができます。サーフショップやコンビニ、レストランなどが近くにあるので便利です。ヶ浜一帯は、日豊海岸国定公園にあります。

川南

川南海岸は、干潮時の波打ち際に石原があり、石には牡蠣が付いています。サーフィンのときにうっかり牡蠣の上に足を付くと怪我をするので、地元サーファーに地形を良く聞いて入ることをお勧めします。毎年6月~8月にかけてはアカウミガメが産卵をします。

蚊口浜

松林に囲まれた海岸で、キャンプ村も隣接しており、地元サーファー1年中にぎわっています。

佐土原浜(石崎浜)

石崎川河口から一ッ葉海岸へと砂浜が続いており、アカウミガメの産卵ポイントとしても知られています。このあたりでは海岸浸食が進んでいるため、現在はサーフィンをするのは難しいでしょう。

木崎浜

木崎浜海岸は、①太平洋に面しており良い波が立ちやすい②アクセスがいい③青島リゾートの入り口にあり景色と環境が良い、と3拍子揃ったサーフポイントのため、県内外から多くのサーファーが集まります。このため、木崎浜海岸では、毎年「全日本級別サーフィン選手権大会」や「NTTネオメイト」などの大会も開催されています。

青島

宮崎で一番にぎわう青島海水浴場のすぐ北隣りでサーフィンを楽しめます。波は海水浴場に近いほど小さく、北に離れるほど大きくなる傾向にあります。
サーフィンスポットとしては、波が小さい南側はでどちらかと言えば初心者向けです。

白浜

白浜は海水浴場として利用されることが多いものの、木崎浜がクローズの場合でも、ここなら可能なことがあります。海水浴客が多いシーズンはサーフィンは避けましょう。

恋ヶ浦

良い波が来ることで知られています。1年を通してサーフィンが可能なポイントです。

種子島のサーフポイント

PICT6045
PICT6045 / Travel-Picture

種子島は太平洋側、東シナ海側それぞれサーフポイントが点在しています。美しいビーチが魅力の島です。

風元(かざもと)

シーズンは7~10月で、風元神社の前でブレイクするリバーマウスです。太平洋側がジャンクなときに唯一サーフ可能なポイント。レギュラーオンリーのロングウェーブでイージーなテイクオフから徐々にショルダーが張ってきます。

浅川(あざこう)

シーズンは3~10月で、浅川河口にある小さな湾で割れる玉石のレギュラーブレイク。風元から鉄ハマに向かう途中に出現するレギュラーオンリーのポイントです。人が少なめなので初心者にオススメの場所です。

鉄浜(かねはま)

1年中サーフィンが可能。種子島で最もメジャーなポイントです。トイレ、シャワー、更衣室が完備されていて便利です。ビーチブレイクでありながら、非常にパワフルなため、頭サイズがベストですが膝や腰でも充分に走れます。ただ、サイズがあるときはカレントが強烈になるので注意が必要です。

ハングリー

1年中サーフィンが可能。島内で最もビッグでロングな波で、台風のグランドスウェルで本領を発揮します。4~5ftがベストでMAXは7ftオーバーまでOK。上級者向けのポイントです。

ロック

シーズンは7~11月で、ハングリーと向き合うスーパーバレルです。台風のグランドスウェルが安城港の岩棚にヒットすると現れるこの波は、オーバーヘッドからダブルオーバーまでサーフ可能。
テイクオフからいきなりホレあがり、深いボトムターンを決めればバックドアを彷彿させるスーパーチューブが眼前に出没する。レギュラーフッターにはたまらない極上の波だが、インサイドは浅く鋭い岩肌が牙を剥いているエキスパートオンリーのポイントのため、上級者向きです。

犬城(いんじょう)

シーズンは7~11月で、高い崖に面しているので、風の影響を受けにくいという特徴があります。レギュラーオンリーですが、サイズアップするとグーフィーも割れ始めます。しかし、インサイドではかなり浅く要注意です。

能野(よきの)

シーズンは12~2月と7~10月です。西之表市街地の南に広がる白浜の美しい海岸です。
ボトムは南端のビーチと中央のリーフに分かれていますが、どちらもエメラルドグリーンの素晴らしいブレイクを見せます。東シナ海に台風が抜けるとき真価を発揮し、薄いカーテンのようなチューブがきれいに巻いてきます。

住吉(すみよし)

シーズンは12~2月と7~10月です。台風のグランドスウェルで本領を発揮する極上のスーパーチューブです。住吉港の洗濯岩にヒットして作り出される樽転がしのバレルは、種子島のサーフシーンに数々の伝説を残しています。ダブル以上でもサーフ可能ですが、水深は極端に浅いので上級者向けです。

中山(なかやま)

シーズンは3~10月で、島のほぼ中央に位置します。長い海岸線一面が砂山という最高なロケーションのビーチブレイクで、北から港、センター、竹屋野の3か所に分かれ、中種子のローカルのメインポイントとなっています。

長浜(ながはま)

シーズンは12~2月と7~10月です。島内で最も長い長浜海岸の北端で、台風が東シナ海に進路を向けるとブレイクし始めるリバーマウスです。

灯台下(とうだいした)

シーズンは3~10月で、ロケット発射台のすぐ下に位置する美しいビーチブレイク。太平洋のウネリに敏感で、地形が決まればパワフルなグッドウェーブが満喫できます。

ホテル前

1年中サーフィンが可能です。南国ムード溢れる高級リゾートで、岩崎ホテルの正面でブレイクするポイントです。サンドバー次第でどこでもブレイクしますが、コンタクトにいいのは左側のグーフィーです。

新島のサーフポイント

新島観光
新島観光 / gabuken

淡井浦

入り江状の場所で、右側はローカルのみの場所です。初心者は正面か左側でサーフするならわしがあります。

羽伏磯

羽伏浦北端のグーフィーのポイントブレイクで、風の影響を受けにくい場所です。

羽伏浦

年間を通じて形の良い波が打ち寄せる、日本屈指のポイントです。

ヘリ下

崖に面しているので、風の影響を受けにくいスポット。すいてることが多く穴場的な場所です。

シークレット

ロングライドを楽しめる波質で、ローカルが多く集まるポイントです。マナーにはご注意ください。

間々下

ウネリの向きがバッチリ合えば、グーフィーパラダイス。波のパワーがあるのでもまれるときついです。

黒根

新島港内でかろうじてサーフできる状態です。

B堤

堤防脇のレフトはロングウォールの波になります。普段はトロめの波が多く、サイズダウンも速い場所です。

和田浜

和田浜キャンプ場前のポイントです。

奥の磯

ブレイクが厚めの場所です。

日本

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。