海外メディアにも紹介される沖縄のサーフポイント「ホワイトビーチ」

沖縄のサーフポイント「ホワイトビーチ」をご存知でしょうか?

沖縄の超有名スポットであるスーサイドや砂辺ほど知られている訳ではないですが、海外メディアで「世界のベストサーフスポット25」に紹介されているのを発見しましたので取り上げてみたいと思います。

25 Best Surfing Spots In The World
2014年5月の記事です。

ビーチブレイクで、練習するのに適したポイントのため週末は混み合う。ここで練習した後、スーサイドなどのリーフにチャレンジしてみましょうといった紹介をされています。

沖縄のホワイトビーチ以外で紹介されている世界のサーフポイント。

バンクーバー島(カナダ)、アングレット(フランス)、リンコン(プエルトリコ)、コーンウォール(イギリス)、スール(オマーン)、タバルア島(フィジー)、海南島(中国)、ラグラン(ニュージーランド)、モンタニータ(エクアドル)、サモア、ノースマーレ(モルディブ)、ブラジル、シャルガオ島(フィリピン)、コスタリカ、エルサルバドル、ホセゴー(フランス)、サンディエゴ(アメリカ)、フエルテベントゥーラ島(カナリア諸島)、リマ(ペルー)、ジェファーファンズベイ(南アフリカ)、メンタワイ島(インドネシア)、ドニゴール(アイルランド)、オアフ島(アメリカ)、ゴールドコースト(オーストラリア)

ホワイトビーチ概要

ホワイトビーチは、自衛隊基地とアメリカ軍の港湾施設と隣接しており、この港湾施設の名称が“ ホワイトビーチ ”の為、ビーチの名前の由来もここからきています。
この港湾施設では、毎年4月に行われるホワイトビーチフェスタで、ゲートが解放され一般の方も入行することができ異国感溢れるイベントで賑わいます。一般専用の駐車場はないですが、入場料はかかりません。
また地元のアーティストであるHYの曲「ホワイトビーチ」の曲名の由来となった場所としても有名です。

 

ホワイトビーチのサーフィン事情

基本的にはレギュラーの波です。東、北東のうねりをキャッチし台風の前後に波が立ちます。沖縄県内ではほとんど見られないビーチブレイクのポイントで数年前までシークレットポイントだったためまだまだ認知度が低く、このポイントでサーフィンする人は割と少ないといえるかもしれません。ですので自分のペースでサーフィンをしたい人におススメのポイントです。比較的どのレベルのサーファーにも適した条件でサーフィンできますので初心者、上級者問わず練習できる場所かと思います。
同じく中部地区にあるポイント伊計島やその他のポイントが台風などによってクローズアウトの時にはおススメです。

干潮時でもサーフィン可能!

沖縄でのサーフィンは、どのポイントでも干潮時に注意が必要ですが、このホワイトビーチは沖縄では珍しいビーチブレイクで、リーフが気になる他のポイントとは違って干潮時にもサーフィンを楽しむことができます。

 

 

ホワイトビーチフェスティバルについて

普段は立ち入り禁止になっているホワイトビーチの米軍と海上自衛隊の共有ポイントが開放され、モーターショーや音楽ライブ、戦艦への乗船などの貴重な体験ができるお祭りとなっています。その他ドラゴンボートレース、バナナボート、ロッククライミングなどテンション上昇必至のアミューズメントもあり大人から子供まで楽しめるイベントです。

ホワイトビーチスプリントトライアスロン

2015年より新規の大会として開催されている*ホワイトビーチ*内でのトライアスロンイベントです。アメリカ軍が大会の運営を行っていて、参加枠200人中75人が米軍、125人が日本人の日米親善トライアスロン大会となっています。4~5月の開催となっていて、参加費は5000円程のようです。

ホワイトビーチ近くのサーフスポットも紹介

ホワイトビーチでサーフィンの練習をし慣れてきたらホワイトビーチ近くのサーフスポットで波乗りを楽しむのはいかがでしょうか?

伊計島

本島中部の与勝半島、ちょうどホワイトビーチのポイントから車で20分程の場所にある島で海中道路を通ってのアクセスとなります。海を眺めるロケーションは素晴らしくサーフィン目的でなく観光として訪れても間違いのないスポットです。サーフィンのシーズンは夏場の6月~9月までで夏場だとコンスタントに波がありますが沖縄特有のリーフブレイクのため満潮前後の2時間ほどでサーフィンは切り上げましょう。アウターリーフにはパスが無数に存在していて全てサーフポイントと言っても良いでしょう。しかしビーチからサーフポイントまでは300m程と長く浅いためパドル慣れしていないビギナーには少々大変かもしれません。

天顔

こちらもホワイトビーチ、伊計島と同じく沖縄本島の東海岸に位置し太平洋を臨むサーフスポットになります。こちらのポイントは水深が深く湾の中に位置するため干潮時でもサーフィンが可能となっていますが基本的には台風時などの天候が荒れたときの方が良いうねりが生まれサーフィンしやすいポイントです。こちらのポイントもホワイトビーチと同じく伊計島などのポイントがクローズアウトした時に訪れると良いかと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか?
今回紹介いたしました「ホワイトビーチ」は地元民また基地の米兵などにも愛されるビーチでサーフィンをしていなくても一度は訪れてみたい美しい場所です。また今回紹介しましたようにホワイトビーチではイベントなども開催されサーファー以外の人も多く訪れるスポットですのでサーフィンをする際にはくれぐれもルール、マナーを守ってビジター、ローカルともに楽しめる時間をこのホワイトビーチで共有していってほしいと思います。ありがとうございました。

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。