沖縄でサーフィンするなら冬がおすすめの理由

サーファーの皆様こんにちは!

寒くなってくると海に入るのがだんだん億劫になってサーファーの数も減っていくのですが、沖縄は冬のサーフィンが結構おすすめです。

他のサーファーたちに差をつけるには冬場いかにサーフィンと向き合えるかが大切になってくると思います。
そこで今回は冬場の沖縄でのサーフィンがお勧めの理由についての内容です。簡単にまとめて紹介してみたいと思います。

沖縄で冬場のサーフィンがお勧めの理由

良質な波が来るから

まず第一に挙げられる理由として西高東低型の冬の気圧配置が沖縄の場合にも当てはまり、北からまたは北東からの季節風が風向があまり変わらずに吹き続けるため海上での波が高くなり、北うねりを拾う東シナ海側のポイントで良質の波が堪能できることが言えると思います。沖縄の東シナ海側には「真栄田」、「砂辺」などの有名なサーフポイントがあり、夏場に比べて冬は人も少なくなるため自分のペースで波乗りが楽しめます。また、反対の太平洋側にも「コーチャン」、「安波」など冬場の波乗りが楽しめるポイントが存在していてこちらもまた冬場は人の数が少なくなるため他のサーファーたちにあまり気を遣わずサーフィンが楽しめると思います。

沖縄の有名スポットの解説はこちらの記事がおすすめ

沖縄の超有名サーフポイント5選!!知っておきたい波の特徴、アクセス

2017.03.28

冬でも温暖だから

         

沖縄では冬場でも気温が15℃を下回ることはあまりなく比較的暖かいうえ、海水温も20℃を下回ることがほとんどありません。ですので国内の他のサーフスポットに比べ寒さに耐えながらサーフィンをするというシチュエーションは格段に減ります。またサーフィンをする際に着用するスウェットスーツも「3mmのフルスーツ」で十分対応できるためドライスーツなどは必要ありません。ロンスプやシーガルを着用して過ごすことも可能かと思います。ですから国内の他地域のちょうど秋のような感覚で海に入れますので秋サーフィンをイメージして波乗りを楽しめるのではないかと思います。

沖縄でサーフィンするときの時期別ウェットスーツ紹介記事はこちら

沖縄でサーフィンする時のウェットスーツの選び方!年間海水温表有り!

2017.03.22

旅費が押さえられるから

沖縄を訪れる際その費用をできるだけ抑えたいと考えている人も多いのではないかと思いますが、夏場だとやはり人気の観光地のため航空券代やホテル代だけでもかなり高額になってしまうケースがほとんどです。ですから沖縄へサーフィンをするために訪れるなら夏場の半額ほどの相場で旅行費を抑えられる冬場が狙い目になります。

透明度が高いから

冬場の沖縄の海は海水に浮遊するプランクトンが少なく他の季節に比べても特に透明度が高くなっています。ですので波待ちをしている時などにでも海に潜ったりして沖縄のきれいな海を堪能することができます。またウミウシやコブシメといった冬場の沖縄でしか見ることのできない生き物にも遭遇することできたりして沖縄の冬ならではの楽しみ方があります。

サーファーが少なく波が余っているから

本州ほど寒くならないにせよ、沖縄でも冬はサーフポイントは人が少なくなるため、夏場などに比べて波に乗れる回数が増えます。ですのでサーフィンを集中的に練習したいと思う方には絶好の機会になるかと思います。

冬場沖縄でおススメのサーフスポット

沖縄有名サーフポイントの基本情報はこちら

沖縄の超有名サーフポイント5選!!知っておきたい波の特徴、アクセス

2017.03.28

安波

本島北部の国頭村にあるサーフポイントです。沖縄では珍しく波さえあれば干潮時にもサーフィンができ、風の影響を受けにくいのが特徴であるかと思います。また、北東でオフショアとなり南西のうねりをキャッチし、台風時などにも良い波に出会えることがあります。

砂辺(北谷町宮城海岸)

本島中部にある県内で最もポピュラーなサーフポイントになります。普段の波質はメローな感じですが、台風時などには県内でもトップクラスの波に出会える確率が高まります。

シータイム

砂辺のサーフポイントの中でも最も南にあるポイントでレギュラー、グーフィーともに楽しめるポイントとなっています。北うねり、南うねりをキャッチ非常にシャローなリーフが広がっているため初心者にとっては満潮時以外は危険だと言えます。

ボウルス

北うねりをキャッチし、台風時などには日本屈指のグーフィーブレイクが出現するワンピークのポイントです。人も多く混雑必至のポイントですが、ルール・マナーを守れば楽しく波乗りができます。

ハワイアン

こちらも北うねりをキャッチ、満潮時刻よりもその前後1時間ほどの時間に良質の波に出会える確率が高まります。レギュラー、グーフィー両方のブレイクが楽しめサイズが大きくなった時の波が真骨頂といえるポイントです。

カリフォルニア

比較的イージーなレギュラーブレイクのポイントのため混雑することが多いですが、ロングに走れるレギュラーの波が特徴でもあります。こちらもハワイアンと同様満潮1時間前後にベストの波が来ることが多いようです。

ファイブロックス

カリフォルニアとほぼ近い潮回りのポイントですが、ほかのポイントよりもややインサイド気味にブレイクするレギュラーブレイクのポイントです。ハワイアン、カリフォルニア、ファイブロックスはボウルスよりもエントリーがイージーですので慣れるまではハワイアン前の階段からエントリーするほうが良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?

年中サーフィンができて、それぞれに魅了のある沖縄ですが、今回は冬サーフィンの良さにスポットを当てました。
興味を持たれた方はぜひ沖縄にお越しください!

初心者、未経験者も歓迎!!いつかやりたかったサーフィンを今度の沖縄旅行で

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄! 沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフィン体験!

サーファーの皆様!「沖縄は台風時だけって思ってない?」年中サーフィンできますよ

日本国内で絶景と綺麗な海でサーフィンするなら沖縄、沖縄でサーフィンするなら「サーフトリップ沖縄」のサーフポイントガイド!

もう沖縄の宿はお決まりですか?ホテルより安い!沖縄南部のサーフハウス

沖縄南部の有名サーフスポットである米須海岸(通称:スーサイド)ポイントのすぐ近くにサーフハウスを運営しています。※サーファーじゃなくても泊まれます。